キモい人が優勝です

f:id:ui0723:20200831120555j:plain

8月31日。長引いた梅雨、立秋過ぎてからの酷暑、そしてコロナ。いびつな2020年の夏が終わろうとしています。


「恋愛すると人はキモくなる」って本当に真理だなって思うんですよね。

人間は恋愛するとキモくなりますよね。それは、恋愛リアリティーショーと言われているテラスハウスやバチェラーを見ていればよく分かるんですよね。

 

もう更新がストップしてしまいましたが、テラスハウスでクリスマスにキス(若干無理やりのキス)をした男性が後日、同じ女性に再度キスをしようとして拒まれるんですよ。そのとき、わりと大人なのに「なんで!?クリスマスのときはチューさせてくれたじゃん!」みたいなこと言って全視聴者が悲鳴を上げたんですけど、みんな言葉やシチュエーションは違えど、同じようなことがあったと思うんです。
ロマンチックを演出したり、偶然を装ったり、ウソついたり、気を引こうとしたり、なんか、あったと思うんですよ。

でも、大人になればなるほど、賢くなり、ずるくなってしまい、傷つかないように、恥をかかないように、変なやつと思われないように、時には何かを諦め、何でもかんでもスマートに終わらそうともしてきたはずです。多少キモイ部分が出ても、冷静に、なるべくキモくならないように、どこかセーブしながらやってきたと思うんです。大人の恋愛ってそいういうものだって思ってたから。でも若いころに何となくイメージしていた「あの頃の未来に僕たちは立っているのかな」の問いには「NO」と答えざるを得ないはずです。彼らに胸を張れるような恋愛を、僕たち大人の独身はしていない。まるで手かせ足かせを付けられたような恋愛をしている。

 

だからこそ、テラハとかバチェラーの恋愛を観て思うんですよ。

「ちゃんとしてるなぁ、うらやましいなぁ」って。冷やかしでも、上から目線でもありません。あそこまで夢中になって、セーブせず、後先考えずに感情を素っ裸にして、キモいこと言える。これって、ひとつの「本来あるべき姿」ではないかと思うんです。

もちろん自分の感情ばかりを押し付け、思い通りにならないことに憤慨して「ありのままの私をどうぞ」っていうのはまちがっているんですけどね。

 

果たして、僕たちはテラスハウスや、あとはあいのりとか、その他様々な恋愛リアリティショーに出る彼らにとやかく言えるほど立派な恋愛をしてきたのでしょうか。好きな人に面と向かって、100%の気持ちを声に出して「好きだ、大好きだ!」と伝えてきのでしょうか。

 

本来、人間の恋愛はみっともないものだったはずです。泣いたり、怒ったり、嫉妬したりしながら、みっともない部分を赤裸々にさらけ出す。僕たちがするはずだった恋愛を、するべきだった恋愛。人間臭さを爆発させた、まるで至近距離で殴りあうような恋愛を観て、ツッコんだり、驚いたり、懐かしんだりしながらも、人は恋愛リアリティショーに「本来あるべき姿」を探しているのではないかと思いました。

 

もしかしたら、あそこまでキモくなるのはもう無理なのかもしれない。

それでも「嗚呼、こんなにキモいこと考えちゃうくらいこの人のこと好きなんだな」っていう恋愛、いいと思います。

 

キモくならないように自分を押し殺し、なるべくスマートな恋愛をしようとする人よりも、

キモくても真っすぐな気持ちで好きな人にぶつかる人が最後に優勝するんだと思います。

 

最近感じたことでした。

 

ありがとうございました

おしまい

 

 

書籍が出ました 

www.zentei-happy-end.com

 まったく宣伝していませんがオンラインサロンやっています。コロナ落ち着いてきたので小規模オフ会を再開しようとしています。今日は月末なので入会は明日(月初)がお得。コスメのコンサル(僕じゃなくて、その道のプロがやる)やオンラインイベントや「東京独身村」という「いかに早く村を脱出するか」というテーマで独身の男女のマッチングなどを開催している秘密結社です。1ヵ月だけでもお気軽にどうぞ。

www.zentei-happy-end.com