セフレ問題の残酷な真実

f:id:ui0723:20190223211457j:plain

付き合う間に身体を許し、そのままズルズルとセフレの関係になってしまう。なかなか男性から「付き合って」の言葉が無く、

(あれ?思ってた展開と違うな。えーと、付き合ってはいないよね。じゃあ、なんだろ。ん?もしや………セフレ?)と、もやもやした感情をもってしまう。

 

本人たちが割り切っており、双方に

 

「僕たち!」私たちは!」「「セフレです‼」」

 

という共通の認識があるのであれば、不倫でもない限り問題はないのかもしれません。

しかし、それを望んでいないのに、男性の思わせぶりな態度に惑わされ、セフレのようなポジションに収まり悩んでいる女性って少なくないですよね。みなさんの周りにもいないでしょうか。

 

今回はこの「セフレ問題」を解決します。

 

セフレのポジションについて、とても重要なお知らせがあります。

これを正直に言う男性はいません。多くの男性が隠してきた真実です。

 

男性にとってのセフレのポジションは、

 

彼女(彼女候補) > セフレ > 女友達

 

ではないということです。

友達以上彼女未満ではありません。正確な公式はこうです。

 

彼女(彼女候補) >  かわいい女友達  >  セフレ  >  かわいくない女友達 

 

これです。これが真実です。

ここで言う「かわいい」とは、もっと正直に書くと「セックスしたい」という意味です。多くの男性にとってのセフレとは「かわいくない女友達以上、かわいい女友達以下」のポジションなのです。不倫をする男性目線に置き換えると、

 

嫁(家庭) >  不倫できそうな女  >  不倫相手  >  不倫できなさそうな女

 

これです。めちゃくちゃ分かりやすい。

つまり、セフレになるということは「彼女に1歩近づいたぞ」ではありません。多くの場合「彼女候補から格下げ」という残酷な事実があるわけです。

そして男性は不倫相手やセフレには「彼女」のハードルを設定しません。セックスできればOKであり、未来を一緒に作る前提で見ていないのです。だから男性は色々なことを許せる。彼女や嫁であれば許せない考え方、立ち振る舞い、価値観を悪い意味で許すことができる。結果、楽しくて素敵な時間を過ごせてしまうのです。ここを勘違いしてしまい「一緒にいるとこんなに楽しいから、いつか彼女になれるはず」と淡い期待を抱き、膨大な時間を消費してしまう女性が多いです。

 

ではセフレからは絶対に彼女にはなれないのでしょうか?

そんなことありません。

わずかながらセフレから彼女になる猛者がいます。

 

「健気で、自分から別れを言える女性」です。

 

セフレの扱いを受けても「一緒にいると楽しい」「会えてうれしい」と言い、決して「好き」「次いつ会えるの?」という言動で負担をかけず、いつも男性の都合に合わせ、わがままを言わず、彼氏を作らない女性です。

こういった女性は男性に「安心感」と同時に「罪悪感」を植え付けます。ゆっくりと「情」というくさびを植え付けるのです。男性が彼女と別れたり、追いかけていた女性とうまくいかないときに会いたくなる女性になれるのです。

そして、彼が弱った抜群のタイミングに「私はいつまでもあなたのものではありませんよ」という別れを言える女性であれば、彼女昇格への可能性はほんの少し高まります。

良いか悪いかは置いておいて、結果的に男性側に「あれ?この子といると心地いいかも。そして他の人の手に渡したくない」という感情が生まれ、彼女に昇格というわけです。

 

もちろんリスクも伴います。

情が沸くまで時間もかかるし、そもそもその男性が彼女とセフレを完璧に割り切ることができる人であれば、はじめから彼女昇格の可能性はゼロです。彼に複数のセフレがいて、順番が3番目や4番目の可能性だってあります。そうなると、どれだけ健気に待っていても最後には悲劇しか訪れません。

せっかく彼女になっても彼にいい人が現れたり、新しいセフレに情が移ってしまい、あっさり捨てられる可能性だってあります。

 

もしあなたがセフレのポジションから彼女への昇格を狙っているのであれば、この残酷な真実を知ったうえで覚悟を決める必要があるのです。

 

 

 

でも、その覚悟よりも、セフレとは別れてはじめからちゃんと彼女として向き合ってくれる男を見つける覚悟のほうがグッときますけどね。

 

ありがとうございました。

おしまい

 

【お知らせ】

今回のブログは3月15日に発売される書籍「ハッピーエンドを前提として」の第三章【僕たちの失敗】から一部をブログ用に改編し期間限定で無料公開しております。恋愛がうまくいかない方はもちろん、一所懸命生きるすべての女性のための本です販売ページのリンクの下にもくじと簡単な説明も貼り付けます。

 

 

f:id:ui0723:20190214122309j:plain

f:id:ui0723:20190214122120j:plain

f:id:ui0723:20190214122135j:plain

税込み1512円と決して安くはない価格ですが、ボリューム満点の256ページ(多くの本は200ページ前後が多い)に文字をぎゅうぎゅうに押し込めました。Twitter発の本によく見られる「文字が少ない余白の美しさ」は求めず、とにかく一行でも多くの文章を押し込むことに特化しました。本の紹介は下記より

www.zentei-happy-end.com

 何卒よろしくお願い申し上げます。