立ち上がりやすく倒れるために

また地震です。

またまた自然災害です。

地震、台風、大雨、猛暑、寒波。

常に日本のどこかで何かが起こっています。

 

もはや災害は日常です。毎日のように誰かが自然の力によって命を落としています。 

ここまでくると、テレビに映っている土砂崩れや洪水は他人事ではありません。

明日、自分や、自分の大切な人が死ぬ可能性は、これまでよりずっと高くなっているはずです。そのことを連日の災害で改めて僕たちは知りました。

 

 

日本はすばらしい国です。

災害がある度に、団結力を発揮します。

 

募金をする人がいます。

ボランティアに行く人がいます。

SNSで有益な情報を拡散する人がいます。

災害の予測をしようと研究してる人がいます。

経済を回すことが復興になると信じ、お金を使う人がいます。

亡くなった人を追悼する人がいます。

 

物資を買い占めたりする人より、圧倒的に多くの人が誰かのために動きます。

 

だから大丈夫。今回も大丈夫。

これまでも何度も立ち上がってきました。

大きな震災や、台風から。

僕たちのおじいちゃんやそのまたおじいちゃん達も、戦争や、空襲や、大災害から立ち上がってきました。外国の支援を受けて、がれきを片付けて、倒れた建物を直して、木や花を植えてきました。美しい日本を創ってきました。

 

これから先、日本のどこに大震災があっても僕たちは何度でも立ち上がれるはずです。

 

でも、だからこそ、です。

大きな震災で倒れてしまったときに、立ち上がりやすいように備えをしましょう。

 「うわ、大変だね」ではなく、地震をきかっけにして、自分にできる備えをしましょう。

もし何も備えをしていない人がいるなら、今回の一連の災害をきかっけに、備えてほしいんです。

 

どうせいつか来るんです。みんなの街に。絶対に来るんですから。

すぐそこまで「死」が迫る瞬間が来るんですから。

 

 

備えましょう。

自分が住んでいない地域の災害をきかっけにしましょう。

これっぽっちも不謹慎なんかじゃありません。

 

災害で倒れてしまったとき、すぐに立ち上がれるように。

がれきを片付けて、建物を直して、花や木を植えれるように。

いつもの部屋でいつものコーヒーを飲めるように。

 

備えましょう。

生き残りましょう。

 

生きてさえいれば知らない誰かが何とかしてくれますから。

そういうふうにできていますから。日本は。

f:id:ui0723:20180906202415j:plain

 

ありがとうございました

おしまい