未分類

立ち上がりやすく倒れるために

また地震です。 またまた自然災害です。 地震、台風、大雨、猛暑、寒波。 常に日本のどこかで何かが起こっています。 もはや災害は日常です。毎日のように誰かが自然の力によって命を落としています。 ここまでくると、テレビに映っている土砂崩れや洪水は他…

独り暮らし中毒という病

さっきまでジャブジャブと洗濯機の中で回っていたシャツや靴下が8月の強い日差しの中でゆらゆらと揺れている。部屋のスピーカーから流れる音楽に合わせてリズムを取っているようでかわいい。 天気予報は一日中晴れマークが並んでいる。あっという間に乾くだ…

エモいバルコニーのある生活

エモいバルコニーのある部屋に住んでいます マンション自体はバブル期に建てられたものでボロボロです。水回りも古いし、宅配ボックスも無く、駅からも遠いけどこのバルコニーのせいでなかなか引っ越しをしようと思えません。3年に1回のペースで引っ越しをす…

震災はとっくの昔に終わったことです

まもなく3月11日がやってきます。 過去に何回か震災のことについてブログを書かせていただきました。 今年も何か書こうと思ったのですが、新しく書きたいことはもう何もありませんでした。 友人や、先生や、後輩を亡くした僕でさえ震災は「とっくの昔に終わ…

364日震災のことは忘れています

震災から間もなく5年が経過しようとしています。 5年も、経過しようとしています。 5年も経過してやっと最近(あ、これは一生終わらないやつだな)と受け入れたことがあるので、そのことを書いておこうと思いました。 5年前の震災で友人や、学校の先生や、後輩…

満たされないまま引きずり回して歩け

先日、友人からLINEです。 ※掲載の許可とってます なんなん?急に。 なんなん? 無理。 もう、無理。戻れない。手遅れ。 だって、僕は3万円するシャツの着心地を知ってしまった。 ニューバランスのスニーカーの履き心地を知ってしまった。 それらを買って得…

他人になりつつある親、僕の中のカウントダウン

僕は山形という東北の田舎で生まれました。 四方を山に囲われ、1年のうち3分の1は雪に埋もれ、短い夏には蛍が飛ぶような田舎です。 18歳で東京に上京し、23歳くらいで名古屋に移り住んで10年が経過しました。 親元から離れて早15年くらいです。 この15年の間…

1年間おつかれさまでした

着ない服を買った。 読まない本も買った。 「また会いましょう」とか適当な約束をした。 その場しのぎのウソもついたし、誰かの悪口も言った。 必要以上に自分を大きく見せようとした。 作り笑いをした。 心にもない「すいません」を言った。 お腹が痛い日も…

若者のすべて、おっさんのすべて

今年は本当に沢山の若者と接する機会がありました。 会社で人事を兼任しているので、自社の会社説明会や面接で沢山の学生さんと接したのですが、ひょんなきっかけで大学に呼ばれて、学生さんたちといろんな議論をさせていただく機会をいただきました。つい先…

仕事は楽しい、と言うのは間違っているんでしょうか

すごいことに気付いてしまった気がして、とても140字じゃ足りない気がするし、今のこの気持ちってめちゃくちゃ大事なのでは?!って思ったので、忘れないようにここに書いておきます。 今日は3連休の最終日ですが僕は仕事をしていました。昨日も一昨日も出社…

愛をこめて花束を

よく「楽しそうに仕事しますね」と褒めていただくことがあり、僕はその度にだらしなくデヘデへ言いながらシッポを振っています。それが取引先の美人なんかだと、うれションするくらい嬉しくて、もっと仕事がんばろうと思うわけです。 「ストレスとか感じないん…

上戸彩のことはHIROに任せるのがベスト、という選択

最近、忘れがちになってしまっていることを忘れないようにブログに書きます。 僕は、いつだって自分にとってベストな選択をして生きています。 僕だけじゃなくて、誰もが、いつだって自分にとってベストな選択をして生きています。 どうも最近これを忘れてし…

明日、死ぬかもしれませんから

// ]]> 震災について感じることがあり、文章に残しておこうと思いました。 3年前の震災で2人の友人を亡くしました。 宮城県の合同葬儀で見た被災地のがれきの山、異臭、静寂、夜の暗闇は一生忘れないと思います。 でも、それ以上に脳裏に焼き付いたのは足元…