友達の作り方 ~男と女の間に友情は成立するのか~ 

 

「雲海、見たくない?」

 

金曜19時。

友人数人が集まるグループLINEに連絡が来て、すぐに「見たい」とだけ送ると数秒後に「21時名古屋駅集合できる?」の返信が。(今からかよ)と思いながらも予定が無い僕が「いける」と送ると、別の友人達が

「21時30分なら大丈夫」

「冬は見れないよ」

「車だよね?酒入ってるから運転無理だけど、それでよければ行く」

「出張で東京にいるから関東方面にしない?静岡あたりで拾ってよ」

などの返信が。

 

金曜の夜に予定の無い29~37歳の男女(しかも全員独身)が6人も集まってしまいました。暇かよ。金曜の夜に誘って2時間後には集合できる。こういう所が良くない。デートとかすればいいのに。

仕事終わりのメンバーが多かったのでみんなスーツやオフィスカジュアルの恰好です。今から雲海を見に行く恰好ではありません。

「長野には自然現象のすべてがある」と根拠なき信頼を長野に寄せて8人乗りのワゴンを東へ走らせます。この時点で明確な目的は決まっておらず、車内で「登山ルートは革靴やパンプスじゃ登れない」「ドンキでダサい防寒具買いたい」などスマホ片手にプランを立てます。

サービスエリアで好きな物を食べ、車内では仕事の愚痴や恋愛の話をしたり、全然似てないモノマネで盛り上がります。音楽をかけ、QUEENでは大合唱です。「ママ~ウ~ウ~ウ~‼アーイドワナダーーーイ‼」歌詞が分からない部分はなんとなく歌います。

 

結局、条件が合わず雲海は見れなかったのですが、代わりに夜明けの湖から大量の湯気がもくもくと上がる蒸気霧という現象を見ました。

f:id:ui0723:20171201111716j:plain

雲海よりは劣りますが、まるで世界が終わってしまったような静寂の中、朝日の高さと共に紺色、紫、青、白へと徐々に色を変える湯気は非常に幻想的でした。

 

帰りは朝市で朝ご飯を食べて、富士山が見える温泉に入り、昼寝をして、さわやかのハンバーグを食べ、夕日を見ながら名古屋へと帰ります。

雲海を見れなかったのは残念ですが、いいんです。まちがいなく誰かが言い出すから。「雲海、リベンジ」と。

それに、いつも目的地までの道のりと帰路が最高に楽しいんです。

友達と遊びに行く度に考えます。「あと何回こんなことできるのかな」と。年齢を重ねると友達の人数と会う回数は減っていきます。仕事や結婚や出産などのライフイベントによって生きるステージが代わり、優先順位も変わるので当然のことです。

そして、いつしか友達との「遊ぶ」は「飲みに行く」という意味になり、行動範囲はどんどん狭くなります。中学や高校の頃の「チャリできた」みたいなテンションは失われ、深夜に学校のプールに忍び込んだり、一晩中ゲームするような友人は減っていくのです。それが大人になるということかもしれません。

 

この先、僕に恋人ができたら言いたい。週末の夜に突然「流星群来てるらしいけど、今から見に行く?」とか。何も質問もせずに「行く‼」って即答してくれたら最高。防寒具やブランケット、懐中電灯や熱々のコーヒーを入れたタンブラーを車に積んで、二人が好きな音楽をかけた車で、夜の高速道路を運転したい。

 

長い前置きで、しかも最後ちょっと脱線しましたが、ここからが本題です。

今回は「異性の友達のつくりかた」について書きたいと思います。友達が多い人からしたら「え?そんなこと?当たり前じゃん」と感じることでもあります。

そして、これは「男女間で友情は成立するのか」という長年色々なところで議論されてきた問題の一つの答えなのです。

f:id:ui0723:20190305000604j:plain

まずは「わしには、異性の友達がおらんのじゃ」という方のために友達の作り方です。

 

異性の友達が欲しい時、はじめに大事なことは「友達にルックスやスタイルを求めてはいけない」ということです。特に男性はここを求めます。恋人を作るのと、友達を作るのは全く別の行為です。分かっている人にとっては(え?そんなこと?)と感じるでしょうが、ここを勘違いしている人がめちゃくちゃいます。

 

異性の友達ができないと嘆く多くの男女は全ての出会いに「あわよくば恋人に」を求めています。「かわいい子と友達になりたい」「友達でもかっこいい人が良い」という感情は恋愛体質であり、友達がいない一番の原因なのです。ここの意識を変えない限り、出会いがあっても(恋人としてはNGだな)という判断になった途端、知り合いにはなれても、友達にはなれません。友達としては最高な人が大勢いたはずなのに。

借金が300万円あったら、恋人としてはNGかもしれませんが、めちゃくちゃ面白い話を持っている可能性があります。友達としては最高です。

体重が120キロあったら、恋人としてはNGかもしれませんが、めちゃくちゃおいしい店をたくさん知っているかもしれません。友達としては最高です。

 

いいんです。友達として付き合っていたら恋が芽生えたら。それはめちゃくちゃハッピーなことです。

大事なのは順番です。

恋人候補から友達に格下げした関係はうまくいかないことが多いですが、友達関係の付き合いを経て、なんだかんだあって恋人になった関係には未来があります。似ているようで、まったく違うのです。

そのためにまずは自分が「本当に友達が欲しい」のか「恋人候補になり得る友達が欲しいのか」自問自答してください。後者の場合は、本当に欲しているのは友人ではなく、恋人です。

 

友達になれそうな人と出会ったら、声に出して、言ってください。

「友達になろうよ」と。明確に、声に、出して、伝えるのです。

子供たちが当たり前のようにやっていて、僕たち大人がやってないこと。「声に出して言う」ということです。もう十数年使っていないセリフを大人が声に出して言う。ちょっと照れ臭いかもしれませんが、言うか言わないかでは全然ちがいます。

 

男性は、その子が本当に友達なら気まぐれな性欲で抱こうとしてはいけません。抱こうとする素振りも見せていけません。不安を与えてはいけません。女性が不安感じた時点で友達ではいられません。

 

SNSも使ってください。僕にもSNSを通じて友達になった人がいます。会う前からお互いの思考や価値観がある程度理解でているので、会ってから仲良くなるまでのスピードが速いです。

ここでも明確に言うのです。「友達になりたい」と。「会いたい」じゃだめです。目的が「友達になる」ではなく「会う」になります。そして、鍵垢はダメです。鍵垢の人から「友達になりたい」と言われも閉ざされた塀の向こう側から「オレ、オマエ、トモダチ、ナリタイ」と書かれた紙飛行機が飛んできたような気になります。(え…やだ……突然、何…?)です。SNSで友達を作るにはしっかり普段の考えや趣味や好きな物を開示して、できれば相互フォローになって、共通点や可能性を探れるようにしてください。

 

友達の友達と友達になってください。友人に「友達がほしい」と明確に伝えるのです。ここでも、声に出して伝えてください。

紹介する立場からしたら、友達から言われる「彼氏欲しいんだけど、誰かいい人紹介してよ」に比べたら「友達欲しいんだけど、誰かいい人紹介してよ」のハードルなんかめちゃくちゃ低いのです。恋人候補だとこっちもあれこれ考えてしまいますが、友達だったらすぐご用意できます。

 

紹介してもらった友達がめちゃくちゃアクティブで、友達が多い人なら、チャンスタイムです。そこから一気に友達が増えるからです。仲良くなれば、お花見、ドライブ、バーベキューなどに誘われるはずです。「友達4人といちご狩り行くんだけど、一緒に行く?」と。ここで複数の初対面の人がいることを億劫に感じ「パス」しないでください。これまでしてきた多くの「パス」が友達がいない原因です。安心してください。友達に友達を紹介するのはハードル低いですが、お互いの顔をつぶさないように最低限のハードルがあります。

 

そして、そうやって出会った友達は大切にしてください。

おすすめの映画や音楽を教えあってください。

旅行に行ったらおみやげを買ってください。

大きな地震や自然災害があったら「大丈夫?」の連絡をしてください。

ささやかでもいいから、誕生日をお祝いしてください。

恋人ができたときには手放しで喜んでください。

突然「雲海見たくない?」と連絡してくだい。

してあげたいことを、自分からしてあげてください。

したくないことがあったらしないでください。

その代わり、自分がしたいことは「自分がしたかったから」ということを絶対に忘れないでください。

そして、こんだけやっても異性の友達はなかなかできません。

 

ここからはこれまで書いてきた内容と相反するテーマになりかねない問題、男女間の友情は成立するのか?です。

 

僕の持論は「男女の友情は成立する」です。

 

ただし、成立には「条件」が必要なのです。特に男性側は条件を持っています。ここを、めちゃくちゃ正直に書きます。まず、この問題には男女差があります。

Twitterのアンケート結果です。

女性の多くは「友情は成立する」と感じているのに対し、男性は「成立しない」と「成立する」がそんなに大差ありません。この正体を突き止めます。

 

先ほど「友達になろう」と声に出して言いましょう、と書きましたが「私とあなたは友達です。絶対に恋愛感情を挟まず、死が二人を分かつまで友達付き合いをしてください」というスタートができないのが異性の友達。なぜなら、男と女だからです。子孫繁栄の本能が「友達」のバランスを崩そうとするのです。 

 

女性が言う「友達と思っていた人に言い寄られて幻滅した」を無くすための最も的確な手段。それは「私とはセックスできません。あしからず」なのです。

さかりのついた男子を「そこにじっと座ってろ」と、お座りさせるのです。

 

「いきなりセックスの話ですか。男性諸君、あなた方は猿ですか?覚えたての高校生ですか?」と言われそうですが、唯一無二の真実がここにはあります。多くの男性にとって友情が成立するか否かの判断基準は「セックスの対象か否か」なのです。これは気まぐれな性欲の場合と、本能の場合があります。前者は論外ですが、後者は子孫繁栄の本能が判断基準になっているのです。

では、どうすれば愚かな男性をお座りさせることができるのでしょうか。

  • ルックスやスタイルや性格をストライクゾーンから外す(これが一番確実なんですけど、物理的に無理があります)
  • 友達の恋人、既婚者などアプローチするには道徳的に反する存在になる(これも物理的に無理がある。そして、ミスターチルドレンの桜井さんが名曲「Tomorrow never knows」で歌ったように「何もかも欲しがっていた。分かり合えた友の愛した人でさえも」と垣根をヒョイッと越えてくる輩もいる)
  • 熱烈な片思いをしている、日本人男性は愛せない等、自分の恋愛観を公表すして、つけ入る隙が無いことをアピールする。「いいか?坊主、聞け。私は、あなたと、恋は、しない。しないんだ。わかるな?恋は、しない。絶対だ」と相手が恋のステージに上がってくる前に失恋させる。(これが一番現実的)

 

男女間に友情を成立させるために大事なことは「我々の間に愛情は芽生えませんよ」という明確な意思表示をすることなのです。そのことを互いが認識してから、ようやくスタートラインに立てます。

「相手が恋心抱かない様にするって、その時点で友情成立してないじゃん。はい論破」という意見もありますが、その通りです。だからこの問題はなかなか決着がつかないのです。

 

友達のふりして密かに全ての可能性を見逃さないように狙っている人

「セックス?したよ?でも友達。全然友達」という人

「このグループは友達だから!絶対に恋愛に発展しない!ダメ!絶対!」と目を光らせる人

様々な人がいます。ここに善も悪もありません。

いびつな形をした、それぞれが持つ価値観。それを合わせるのなんて、同性でも難しいのに、異性だともっと難しい。

 

だからこそ、男女間で友情が成立した時にはかけがえの無い友人になります。

僕は36歳現在。気軽に遊びに行ける友達はたくさんいますが、正直に本当に心の底から「女友達」と言えるのは3人しかいません。恋愛感情は生まれず、気まぐれな性欲も沸かない。助けてと言われればすっ飛んで行き、お金に困るようなことがあれば、何も聞かずお金を出せます。36年間生きてきて、たった3人です。

本当に心の底から友達と呼べる異性は簡単にはできない。まずはたくさん出会って、その中から互いのリスペクトを積み重ね、膨大な時間と感情と情報を共有した結果、ようやく成立するのです。成立するのは10人に1人。100人に1人かもしれません。もしかしたら、僕の36年間で3人と言うのは幸福なのかもしれません。

それくらい、異性の友達は尊い。

 

 

これからも「男女間に友情は成立するのか?」には胸張って「成立する」と言い続けます。

 

 

でも「男女間に友情は成立する」と言ってるほど恋人いない歴が長いという特徴がありますのでご注意ください。

 

 

以上!解散! 

ありがとうございました!

おしまい!

 

【お知らせ】

3月15日に書籍「ハッピーエンドを前提として」が発売されます。ブログの記事で反響が大きかったものを大幅に加筆修正して、さらに大量の書き下ろしを加えました。今回公開したブログは書籍からボツになった原稿をブログ用に編集して掲載しています。

ボツ理由:これは、そもそも恋愛のハウツーじゃない。最後の2行だけじゃないですか、ハウツー。それに、あれほどJ-POPの歌詞は著作権で引っかかるから使っちゃダメですよって言ったじゃないですか。あと、話が長い。以上!解散!(編集者!)

 

セフレ問題の残酷な真実

f:id:ui0723:20190223211457j:plain

付き合う間に身体を許し、そのままズルズルとセフレの関係になってしまう。なかなか男性から「付き合って」の言葉が無く、

(あれ?思ってた展開と違うな。えーと、付き合ってはいないよね。じゃあ、なんだろ。ん?もしや………セフレ?)と、もやもやした感情をもってしまう。

 

本人たちが割り切っており、双方に

 

「僕たち!」私たちは!」「「セフレです‼」」

 

という共通の認識があるのであれば、不倫でもない限り問題はないのかもしれません。

しかし、それを望んでいないのに、男性の思わせぶりな態度に惑わされ、セフレのようなポジションに収まり悩んでいる女性って少なくないですよね。みなさんの周りにもいないでしょうか。

 

今回はこの「セフレ問題」を解決します。

 

セフレのポジションについて、とても重要なお知らせがあります。

これを正直に言う男性はいません。多くの男性が隠してきた真実です。

 

男性にとってのセフレのポジションは、

 

彼女(彼女候補) > セフレ > 女友達

 

ではないということです。

友達以上彼女未満ではありません。正確な公式はこうです。

 

彼女(彼女候補) >  かわいい女友達  >  セフレ  >  かわいくない女友達 

 

これです。これが真実です。

ここで言う「かわいい」とは、もっと正直に書くと「セックスしたい」という意味です。多くの男性にとってのセフレとは「かわいくない女友達以上、かわいい女友達以下」のポジションなのです。不倫をする男性目線に置き換えると、

 

嫁(家庭) >  不倫できそうな女  >  不倫相手  >  不倫できなさそうな女

 

これです。めちゃくちゃ分かりやすい。

つまり、セフレになるということは「彼女に1歩近づいたぞ」ではありません。多くの場合「彼女候補から格下げ」という残酷な事実があるわけです。

そして男性は不倫相手やセフレには「彼女」のハードルを設定しません。セックスできればOKであり、未来を一緒に作る前提で見ていないのです。だから男性は色々なことを許せる。彼女や嫁であれば許せない考え方、立ち振る舞い、価値観を悪い意味で許すことができる。結果、楽しくて素敵な時間を過ごせてしまうのです。ここを勘違いしてしまい「一緒にいるとこんなに楽しいから、いつか彼女になれるはず」と淡い期待を抱き、膨大な時間を消費してしまう女性が多いです。

 

ではセフレからは絶対に彼女にはなれないのでしょうか?

そんなことありません。

わずかながらセフレから彼女になる猛者がいます。

 

「健気で、自分から別れを言える女性」です。

 

セフレの扱いを受けても「一緒にいると楽しい」「会えてうれしい」と言い、決して「好き」「次いつ会えるの?」という言動で負担をかけず、いつも男性の都合に合わせ、わがままを言わず、彼氏を作らない女性です。

こういった女性は男性に「安心感」と同時に「罪悪感」を植え付けます。ゆっくりと「情」というくさびを植え付けるのです。男性が彼女と別れたり、追いかけていた女性とうまくいかないときに会いたくなる女性になれるのです。

そして、彼が弱った抜群のタイミングに「私はいつまでもあなたのものではありませんよ」という別れを言える女性であれば、彼女昇格への可能性はほんの少し高まります。

良いか悪いかは置いておいて、結果的に男性側に「あれ?この子といると心地いいかも。そして他の人の手に渡したくない」という感情が生まれ、彼女に昇格というわけです。

 

もちろんリスクも伴います。

情が沸くまで時間もかかるし、そもそもその男性が彼女とセフレを完璧に割り切ることができる人であれば、はじめから彼女昇格の可能性はゼロです。彼に複数のセフレがいて、順番が3番目や4番目の可能性だってあります。そうなると、どれだけ健気に待っていても最後には悲劇しか訪れません。

せっかく彼女になっても彼にいい人が現れたり、新しいセフレに情が移ってしまい、あっさり捨てられる可能性だってあります。

 

もしあなたがセフレのポジションから彼女への昇格を狙っているのであれば、この残酷な真実を知ったうえで覚悟を決める必要があるのです。

 

 

 

でも、その覚悟よりも、セフレとは別れてはじめからちゃんと彼女として向き合ってくれる男を見つける覚悟のほうがグッときますけどね。

 

ありがとうございました。

おしまい

 

【お知らせ】

喫茶店、やってます お気軽にどうぞ。

朝日新聞「A-port」 ウイのオンラインサロン

 https://a-port.asahi.com/salon/cream-soda/

 

今回のブログは3月15日に発売される書籍「ハッピーエンドを前提として」の第三章【僕たちの失敗】から一部をブログ用に改編し期間限定で無料公開しております。恋愛がうまくいかない方はもちろん、一所懸命生きるすべての女性のための本です販売ページのリンクの下にもくじと簡単な説明も貼り付けます。

 

 

f:id:ui0723:20190214122309j:plain

f:id:ui0723:20190214122120j:plain

f:id:ui0723:20190214122135j:plain

税込み1512円と決して安くはない価格ですが、ボリューム満点の256ページ(多くの本は200ページ前後が多い)に文字をぎゅうぎゅうに押し込めました。Twitter発の本によく見られる「文字が少ない余白の美しさ」は求めず、とにかく一行でも多くの文章を押し込むことに特化しました。本の紹介は下記より

www.zentei-happy-end.com

 何卒よろしくお願い申し上げます。

 

結婚願望?あるに決まってんだろ。聞くなよ。

f:id:ui0723:20190307073030j:plain

また一人、友人が離婚して僕たちの住む村に戻ってきました。

彼の結婚を盛大な宴会で祝い、村から送り出したのは3年前です。

長旅おつかれさまでした。すぐに歓迎の宴の準備です。今宵は養育費や慰謝料のことは忘れて飲もう。こっちも祝儀のことは忘れるから。ごちそうを作り、楽器を鳴らし、朝まで歓迎のダンスを踊ろう。積もる話もあるだろう。今日からまた独身村の一員だ。一緒に歳を重ねよう。Facebookに並ぶ同級生の配偶者、子供の成長、新婚旅行を見よう。「もう二度と結婚はいいや」なんて言ってるけど、きっと変わるはず。どれくらい先か分からないけど、時間が経過すれば結婚願望は沸いてくるはず。これまで村に帰ってきたたくさんの村人たちがそうであったように。

 

僕も気が付けば36歳。いつのまにかアラサーではなくアラフォーになっていました。

今思えば、これまで数えきれないくらいの「結婚願望ないの?」という質問を受けてきました。 

男女間において「好きなタイプ」「好きな芸能人」と並び、よくある質問が「結婚願望あるの?」です。

 

ところで、なぜ人は「結婚願望あるの?」と聞くのでしょうか。

結婚願望が無い人もいるんでしょうけど、それはレアケース。だいたいある。ペンを指さして「Is this a PEN?」って聞くようなもんなんです。「YES」以外の回答が見当たらない。ペンだろ、どう見ても。リンゴにでも見えるのか?本当に愚かな質問。聞くなよ。

って毒づきたくなるくらい独身村の民は結婚したいと思っているわけです。特に30代以降はみんな思っています。

労働、家事、納税などを一人で上手にこなし、宴では楽しく飲みながらも(おらこんな村嫌だぁ、おらこんな村嫌だぁ)って思っている。テレビもある。ラジオもある。村での生活を楽しんでいるように見えるかもしれないけど、どうか忘れないでほしい。みんな、結婚したいって思っていることを。

 

今回は男女間で交わされるコミュニケーションにおいて、最も愚かな質問である「結婚願望あるの?」について村を代表して書きます。 

 

女性もよくアホな顔した男性に「結婚願望あるの?」と聞かれると思います。

もう大まじめに答えるのはやめましょう。

これっぽっちもまじめに答える必要はないんです。

なぜなら、多くの男性はたいして興味無いからです。実は興味無いのです。

「待て待て!興味あるから聞いたんだろ?」という意見もわかりますが、多くの女性には多からず少なからず結婚願望があるということを、男性は知っているのです。

 

 「じゃあ聞くなし。子孫繁栄は本能。結婚願望あるに決まってんだろ」っていう意見には愚かな男性を代表させていただき「おっしゃるとおりでございます」しかありません。

しかし、聞きます。男性は軽い気持ちで聞くのです。いいんです。真剣に口説いてくる人だったら。本当に興味があって聞いてる。問題は無作為に、鼻毛出しながらあいさつ代わりに聞いてくる輩です。

そのくせ「結婚願望?ある!めっちゃある!結婚したい!!結婚!結婚!今すぐ結婚!」と答えられると(うわぁ、焦ってんなぁ……必死かよ)と引きますし、「ない」と答えられても(はいはい、今は結婚しなくてもいいのね。さぞ充実した趣味や仕事があるんですね)と考えます。「無いよ。私、結婚しないって決めてるんだ」なんて想定外の回答が返ってきたりなんかすると(やべぇ…)みたいな空気を出す。なんだそりゃ。

 

少し考えたらめちゃくちゃ失礼な質問なんです。人様のライフプランをずうずうしく聞くんですから。何かしら事情があって結婚できない人だっている。男性だって本当はこれがデリケートな質問ということを分かっている。30代の女性には軽々しく聞いてこないのが証拠です。

 

男性が真剣な顔して聞いてくる「結婚願望あるの?」には丁寧に答えてあげてください。でも、鼻水たらしながら聞いてくる「結婚願望あるの?」には真剣に答える必要ありません。適当にあしらいましょう。

 

強いて正解を書けば、前のめりすぎなければなんでもいいんです。「結婚?もちろん、いつかは」でいいんです。

「やだ……それって……遠回しなプロポーズ?」ってボケでもいいと思います。

「私、こう見えて保険のこととか都道府県の助成金のこととか詳しいから結婚向いてると思うんだよね」などで結婚向いてますアピールでもいいです。

「その質問に何人の女が期待を込めてきたか……ここで結婚したいっ!って前のめりになったら引くでしょ?でも無いって言ったら駆け引きしてるみたいでしょ?何?何て言うのが正解なの?何て言って欲しいの。ねえ、教えて。教えてよ。言われたとおりに答えるから。がんばるから。私、がんばるから!ねえ!ねぇってば!!」で男を困らせてもいい。

「けっ……こん…懐かしい響きね……」ですらOK。

自分と相手のキャラによって使い分けてください。

(バカな男ね)と感じながら愚かなコミュニケーションに付き合ってあげましょう。

男性が悪気無く、興味本位で聞いてくる適当な質問には相手と雰囲気見ながら適当に答えてりゃいいんですよ。

デリカシーが無い男性の質問で、あなたが傷つく必要なんかない。

 

 

以上!解散!

 

ありがとうございました。

おしまい

 

【お知らせ】

今回のブログは3月15日に発売される書籍「ハッピーエンドを前提として」には掲載されないボツになった原稿です。しかも一番最初にボツになりました。

ボツ理由:これ、ほとんどウイさんの個人的な愚痴。(編集者)

今回の記事よりも何倍も大切なことを詰め込んだ本です。恋愛がうまくいかない方はもちろん、一所懸命生きるすべての女性のための本です販売ページのリンクの下にもくじと簡単な説明も貼り付けます。

 

f:id:ui0723:20190214122309j:plain

f:id:ui0723:20190214122120j:plain

f:id:ui0723:20190214122135j:plain

税込み1512円と決して安くはない価格ですが、ボリューム満点の256ページ(多くの本は200ページ前後が多い)に文字をぎゅうぎゅうに押し込めました。Twitter発の本によく見られる「文字が少ない余白の美しさ」は求めず、とにかく一行でも多くの文章を押し込むことに特化しました。本の紹介は下記より

www.zentei-happy-end.com

 何卒よろしくお願い申し上げます。