越えられない0.02ミリの壁

昨日、僕が主催するオンラインサロン「喫茶 クリームソーダ」の東京オフ会である一人の男性と出会いました。

f:id:ui0723:20190809010912j:plain

写真提供:ぱくたそ(www.pakutaso.com)

身長は183センチ。ネイビーのスーツをペロリと着こなすシュッとしたイケメン。どれくらいシュッとしたイケメンかと言うと、会場に入ってくるなり全体の空気が「ざわ…ざわ…」ってなるくらいのイケメンなんです。

 実名は出せないのでそのスタイルから「スマート」と呼びます。

 

スマート、話を聞けば36歳独身ではありませんか。

おりました、こんなところにも。独身国の住人が。

 

独身であることはもちろんですが、スマートの「僕の部屋はめちゃくちゃキレイ」の一言で(やはりっ!こいつっ!完全にこっち側の人間っ!)と僕は確信します。

言わずもがな「こっち側」というのは「35年以上の年月をかけて『自分の、自分による、自分のための生活』を完璧に築き上げたタイプの独身」であることを意味します。

 

おはようからおやすみまで、月曜日から日曜日まで、1月1日から12月31日までのルーティーンが、まるでイチローのバッティングボックスに立つルーティーンのように確立されているのです。

そこには、他人どころか、アリ一匹入る余地も無いのです。

『大きな幸せは無いのかもしれない。その代わり大きな不幸もないよ。そりゃ、たまに孤独だけど、充分すぎるくらい満たされたこの毎日は、何があっても崩してはいけない』

この自分帝国の中でも最も大切な法律を守るため、誰かが入ってこようもんなら、槍や盾を持った騎馬隊が暴動を鎮静化するために出陣します。

 

自分で築き上げた帝国ので暮らす毎日は、たいへんすばらしいもので、今さら他の帝国と結婚と呼ばれる同盟を結ぶのはちょっと難しいのです。

だって、足りているのですから。

不足していることは、なにもないのですから。 

 

しかし、樹木希林さんが言っていた言葉「結婚なんかわかいうちにしなきゃダメなの。物事の分別がついたらできなんだから」に耳がもげるほどの痛みを感じる人間でもあります。

 

僕とスマートの会話の一部ですが

スマート「僕はもう『なんで結婚しないの?』の質問は2万回聞かれた」

ウイ「僕なんかもう2万5000回聞かれた」

 

もう、戦場から帰ってきた兵士が場末のパブで

「俺はここをシリアで撃たれた。見てみろ、この弾痕を」

「俺なんかイラクで拷問に耐えた。今でも左手は不自由だ」

みたいに、身体に刻まれた傷を見せ合いながら戦歴を自慢するような会話なんですが、二次会、三次会にいくにつれ

 

スマート「恥かくの、死ぬほど怖いよね」

ウイ「女性に送ったLINEがスクショされて別の女友達の相談とかに使われていると思うと軽く絶望するよね」

 

スマート「他人から『なんで彼女いないの?』っていう質問、なんて答えてる?」

ウイ「なぜ自分に恋人がいないことをロジカルに第三者に説明しないといけなの?まあまあ辛いんだよ?的なことを考えながらだらしない顔で『仕事しすぎなのかもしれないですね~理想は高くないと思うんですけどね~デヘデヘ』とか適当なこと言ってやり過ごしている」 

 

ウイ「過去の自分に言ってやりたいよね『おい、お前、俺は未来から来たお前だ。いいか?今付き合っている女と何の疑問も持たずに結婚しろ』って」

スマート「でも、今の自分が未来から来た45歳独身の自分から言われてもできなでしょ?うるせぇ、未来に帰れって言うでしょ?」

 

スマート「たまに絶望しない?」

ウイ「孤独死とかはマジで怖いよね」

 

と、完全に「縦の糸はあなた、横の糸はわたし」状態。

互いの傷を柔らかい布でかばい合うような会話です。 

 

ここで、ウイ帝国君主とスマート帝国君主は、ひとつの結論を出します。

結婚するための、結論です。

満ち足りているはずの生活だけど、それでもやっぱり帝国には跡取りが必要なのです。

王は、孤独に死んではならぬのです。

この、僕たちが出した結論は、もしかしたら結婚するための唯一の解決策なのです。

 

帝国の歴史を変えるための、帝国を守るための、帝国の繁栄のための、

王自らが指揮を執る革命。

 

その革命の名は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「できちゃった婚」

 

 

 

 

 

 

 

 

20代の頃、地元の男友達ができちゃった婚をすると「おめでとう!」の裏側に

「やっちゃったねー」という気持ちがあったのですが、今現在、その子供たちは大きい所だと中学生とかになっているわけです。

そんなことを聞くと「立派だ!」と尊敬すらします。

「子供」というカードは、頑丈に築いた帝国の壁を、要塞のような城を一回崩すには充分すぎる理由なのです。 

なぜなら、我々国王は責任感だけはあるからです。

「責任感がないからいつまでも独身なんでしょ?」という愚かな意見を言う者は即刻打ち首です。それとこれは別問題。

何の迷いもなく、妊娠した女性を嫁にして愛し、子供には何不自由ない生活を提供するために全力を注ぐでしょう。

 

 

しかし、この「できちゃった婚革命」はおそらく発生しないでしょう。

 

 

だって女性に「あいつゴムつけなかった」的なこと思われるのは、帝国の法律で禁止されていますから。

仮に女性側から許可が出たとしても「特技・避妊」の王は土壇場でびびりますから。

「できちゃった結婚したいけど、『そんなこと言うなら先に普通に結婚しようよ』とは言わないでください。あくまでその名の通り『できちゃった』というプロセスが重要なのです。ある程度『自分の意思とは反する』という要素がないと飛び込めないんです」なんて口が裂けても言えないのですから。

そもそも、そんな王達が好きになる女性は、男性に完璧な避妊を求め、自身も完璧な避妊をするようなしっかり者ですから。

 

サガミオリジナルの0.02ミリの壁は、ベルリンの壁以上に、これからも帝国を守るのでした。

 

今日も帝国は安泰です。

めでたしめでたし。

 

ありがとうございました。

おしまい

 

※このブログはウイのオンラインサロン「喫茶 クリームソーダ」内のメンバー限定ブログ(2~3日に1回更新中)の過去記事を公開しています

www.zentei-happy-end.com

 

■トークショー 

8月18日(日曜日)に下北沢B&Bで「アイドル、やめました」の著者・大木亜希子さんのトークショーのゲストにお呼ばれしました

http://bookandbeer.com/event/20190818b/

トークショー終了後、サロンのオフ会もあります。

 

■KADOKAWAより書籍

書籍、相変わらず好評です。ありがとうございます

 

7年間の片想いを終わらせるには

最近、ずっとお断りしてきました「悩み相談」というものをコソコソとやっておりまして。大量にいただくお悩みに夜な夜な回答をさせていただいております。

 

寄せられる悩みの約半分が恋愛に関することなんですけど、だいたいの悩みの回答は

 

①すぐ逃げて!決して振り向くな!

②時間が経過するのを息をひそめて待ちませんか?

③いっそのこと最後くらいこっちから美しく去りませんか?

 

今のところ、この3つに当てはまると思ってるんですけど、中には(あー、これはね、ちょっとレアだね。辛いよね)という悩みもあります。

 

その中で特に印象深かった悩みが「7年間の片想い」です。

f:id:ui0723:20190717052625j:plain

【悩み】

30歳の女性です。 もう7年間、片想いの男性がいます。

7年の間で告白した回数は4回。フラれた回数も4回。

二人でおでかけしたことは何度もあります。キスしたこともあります。

でも、身体の関係は一度もありません。

今、私には同い年の恋人がいます。付き合って2年です。

正直に言うと、今の恋人よりもその人のことが好きです。

その人からは連絡はきません。私からは連絡をしてしまいます。返信はきますが、二人で会ってくれることはありません。その人に恋人がいるかどうかは分かりません。怖くて聞けないという方が正しいです。

その人と付き合うことはできないということは、なんとなく理解できています。でも、インスタやフェイスブックを見てしまいます。都合のいいことですが、彼氏のこともちゃんと好きです。

諦める方法があれば教えてください。

 

7年って長いですからね。なんせ2012年ですからね。

2012年ってAKBからあっちゃんが卒業して、EXILEのHIROと上戸彩が結婚した年ですからね。

今20歳の子が13歳。

36歳の僕ですら29歳。

7年ってめちゃくちゃ昔なんですよね。

 

「付き合えないって理解できてるなら諦めるしかないじゃん!」って言うのは簡単なんだけど、なかなかどうしてそうもいかないのが「好き」っていう時々やっかいな気持ちなんですよね。

しかも、片想いっていうのはタバコや独身生活や、おそらくは麻薬と一緒で、長く続ければ続けるほど抜け出せないようになっています。

 

僕の意見ですが相手の男性、たぶん連絡が来るたびに「もう諦めてくれ……」くらいのことを考えてると思うんです。

でもその男性はきっと中途半端に優しいのでそのことを直接伝えてこないし、伝える決定的な出来事もない。

だからこそ、数か月なら「ステキな片思い」だったものが、7年という歳月で「日常」に姿を変えてしまっている。「悪しき習慣」くらいに言ってもいいのかもしれません。

一番足りなかったのは「覚悟」だと思うんです。

自分がちゃんと傷つく覚悟。

ここが足りてないから、これまで費やした7年間がムダになるんじゃないか?という恐怖に支配されてしまい、いつまでも可能性を探してしまう。

僕の憶測も入りますが、4回の告白&失恋もちゃんとできてなかった可能性があると思うんです。

だから、僕としては片想いの相手に「二度とあなたの方を向けないように、めちゃくちゃ傷付くように、ちゃんとふってくれ」くらい頼み込んでこいって思います。

それくらいの覚悟も勇気もない人は誰か(例えば今の彼氏)ちゃんと愛することは 不可能だと思うんです。

 

ここまでは僕の意見です。

でも、回答はひとつじゃないですよね。

恋愛に限らず、世の中の悩みっていうのは常に複数の解決方法があると思います。

 

突然ですが、ここからは、この悩みに対する僕以外の方のアドバイスをご紹介します。

 

彼氏でもその人でもない好きな人ができればいいのでは?と思います。

片思いは楽しいので、連絡がつき、SNSで近況が把握できるような状態だと、片思いはやめられず、中毒になります。

彼氏のことはちゃんと好き、とのことですが、相談者様が他の人を好きでも気づかない、または見て見ぬ振りができる状態の人と付き合ってても、片思いの彼を忘れさせてくれることはなさそうです。 何か新しい場に出かけて、新しい出会いを探すのをお勧めします。その間、片思いの人に一切消息を知らせないことで、向こうから連絡が来た例もなんども見ましたよ。

 

確かに。よく考えたら、今の彼には可能性というか、伸びしろはおそらく無いんですよね。だったら今の彼でも、好きな人でもなく、全部リセットしちゃうことで新しい可能性にかけるわけですね。

 

諦める方法のひとつとして、一度、彼に連絡をして、身体の関係をもつのもありかと思いました。  相談文の中に「付き合えないことはなんとなく分かっている」とありますが「なんとなく」ってことは「可能性はまだあるかも」って心のどこかで思ってるってことですよね。

可能性が捨てきれないからこそ、期待しているからこそ、 7年間も片思いしているんだと思いますし、 今の状況だとたぶん、ブロックしきれず彼のSNS見ちゃうと思います。

もし身体の関係のみになって、その後何のフォローもしない男性であれば「この人にもう用はないな」という気持ちで見切れますし、 もしかしたらそこでいい方向に転がる可能性もあるかもしれません。

 

ありですね。覚悟を持って抱かれに行くことで、本当は心のどこかに秘めているわずかな期待を自らの手でぶっ潰しに行くわけです。7年間続く気持ちにはこれくらいの荒療治でもいいのかもしれません。

 

さて、僕以外にこの相談者にアドバイスを寄せていただいたのは僕が店長を務める「喫茶 クリームソーダ」(オンラインサロン)のメンバーです。 

2人とも鋭い意見だと思うんです。

僕が「もう一回ちゃんと振られてこい」と言えば、他の方は「ここではないどこかに行け」「抱かれて来い」と言うわけです。

ゴールは一緒でも、行き方が複数あるんですよね。

このように、相談者に複数の道案内ができるのが僕のサロンのコンテンツのひとつです。

 

相談者は僕に相談する際に「ウイだけに相談したいのか」「広くアドバイスを求めるのか」を選べるんですけど、後者の場合このように猛者たちも回答するわけです。

 

ここからは喫茶店の宣伝になりますが、このようなお悩み相談以外のコンテンツとして

 

【サロン限定ブログ】

ウイがサロンメンバー限定で運営しています。

f:id:ui0723:20190717053014j:plain

今のところ3日に1回のペースで更新です。

 

【メンバー限定チャットルーム】

これはFacebook接続の方限定のコンテンツになってしまいますが、チャットルームには現在9つの異なるテーマの部屋があり、朝から晩まで色んな人が出入りしています。

f:id:ui0723:20190717111008p:plain

f:id:ui0723:20190717110924p:plain

一部、抜粋すると

 

■好きな漫画を押し付け合う「マンガ部」

昨晩はスラムダンクの好きなキャラ&好きなシーンで盛り上がっていたんですけど、いつの間にか実写の話になっていました

f:id:ui0723:20190717060854j:plain

f:id:ui0723:20190717091442p:plain

 

 

■間取り図好きがお気に入りの間取りやありえない間取りについて議論する「間取り図」(現在、これが一番盛り上がっています)

f:id:ui0723:20190717090154j:plain

 

他にも、唐揚げや煮物などの茶色いご飯こそ至高のグルメだと信じる「茶色いご飯」や、まもなくシーズン3が始まるバチェラーを同時再生して悪口言い合いながら予想する「バチェラージャパン」、深夜に眠れない人が集まる「夜更かし」など様々なチャットがあります。

夏には「高校野球」などもできると思います。 

もちろん参加したい人だけ参加でOKです。

 

【個別対応】

「今29歳。数か月後の誕生日まで2年間続いた不倫を辞めたい。彼から連絡来れば飛んで会いに行ってしまう私をなんとかしてほしい」

という相談には個別に対応しています。

f:id:ui0723:20190717054323j:plain

f:id:ui0723:20190717054402j:plain

f:id:ui0723:20190717054432j:plain

 

その他にもテスト中のコンテンツがいくつか。

オープンから20日間で60人以上の方にお集まりいただき、色々なことが僕がまったく予想していない方向に転がっています。

でも、限定ブログや悩み相談は最低限のコンテンツであり、最大のコンテンツは「僕がやりたいことよりも、みんながやりたいことを一緒に作りませんか」というスタンスなので、このままでいいと思っています。

実際、僕の独断で「これやるぞ!」って決めたのはバチェラーの予測会だけです。

 

9割以上の方がオンラインサロン初心者。

年齢も性別も住んでいるところもバラバラ。

独身もいれば既婚者もいます。

オンラインサロンにありがちな「〇期生」という縛りもありません。

新しい出会いや居場所やコミュニティを一緒に作りませんか?

 

7月末か8月頭には1回目のオフ会も予定しています。

オフ会の内容もメンバーと一緒に決めたいなと思っています。

 

興味がある方「喫茶 クリームソーダ」でお待ちしています

お気軽にお越しください

 

詳細はこちらのブログから

www.zentei-happy-end.com

 

本も絶賛発売中です!

 

ありがとうございました

おしまい

喫茶店で恋愛相談、人生相談を受け付けます

7月1日、会員制の喫茶店をオープンさせました。

喫茶店と言っても実店舗ではなく、オンライン上です。

いわゆるオンラインサロンです。

「オンラインサロン」と聞くと身構えてしまう方もいらっしゃると思います。

僕自身、複数のオンラインサロンのメンバーになっているのですが、オーナーという慣れないポジションには正直居心地の悪さを感じてしまいます。だから、少し気軽に入ってほしくて、喫茶店という名称をお借りすることになりました。

 

お店の名前は「 喫茶 クリームソーダ 」です。

 

 https://a-port.asahi.com/salon/cream-soda/

f:id:ui0723:20190617193546j:plain

イラスト:たなかみさきさん

 

このお店は、あなたの家の近くにあります。

イケメンの男子がバイトしてます。お客様がいらっしゃればおしゃべりなヒゲの店長(僕)が「お?どうした?腹は?減ってないか?とりあえず何か食うか?」とおせっかいをやきます。 

 

何か相談があれば話してもらえればいいし、そっとしておいてほしいなら気が済むまでそっとしておきます。他のお客さんのやりとりを見てるだけでもいいです。

一応、恋愛や仕事や生き方の文章を書き、そのギャラで家賃を払ったり、納税したり、書籍の印税でシャンプーを買ったり、髪の毛を切ったり、生活を営んでいる、いわゆるプロですので、何でも相談に乗ります。気が済むまで相談に乗ります。

それが、恋愛のことでも、仕事のことでも、家族のことでも、文章のことでも、相談の内容は問いません。

僕が答えられないことや、不得意なことは、もし希望いただくのであれば、喫茶店の他のお客様(サロンメンバー)が相談に乗ったりします。

逆に、誰かの相談に乗っていただくこともあるかもしれません。

 

これまでDMやメールでたくさんの相談を頂戴してきました。しかし、それにお答えすることはほとんどしてきませんでした。「片手間に答えたくない」とか「相談の量が多くて捌ききれない」とか「返信したらしたでその後何にもリアクションが無い」とか、理由は色々あるのですが、長くなるので割愛します。

 

サロン内では、最後の最後まで、その最後とはいつなのか分かりませんが、何かしら納得のいく結論が出るまで、一緒に解決策や、進むべき方向を考えたいと思います。

 

相談以外の他のコンテンツは

 

■サロン限定ブログ

週に2~3回更新のメンバー限定のブログにご招待します。3分で読める短い文章もあれば、引くほど長い文章も書きます。役に立つことから、これっぽっちも役に立たないことまで多種多様な内容にします。

 

■専用のFacebookアカウントでやりとり

Facebookの非公開グループへご招待します。ちなみに僕はこのために生まれて初めてFacebookのアカウント作成しました。

匿名で参加したい、他のサロンのメンバーとそんなに交流しなくていいという方のために、専用のTwitterアカウントをご用意しました。

もちろん、どちらにも参加せず、悩み相談のみやコラム読むだけでもOKです。

 

※8月8日追記 

Facebook内に約30のチャットルーム(グループLINEのようなもの)ができました。

映画、マンガ、スポーツ、恋愛、読書、旅行、アウトドアなどの定番の趣味はもちろん、間取り図や茶色いご飯のことなど好き勝手にわいわいしています。

昨晩は『最高にモテるLINEアイコンはどれだ』などの会話で深夜まで盛り上がっていました。毎週火曜日の夜には『テラスハウスを同時に再生して好き勝手言いながら観る企画』も始まりました。

Facebookのコンテンツが充実してきました。8月からスタートとなるプロジェクトもFacebookをメインにしたものです。Twitterは他の方とのコミュニティが作りにくく(鍵垢の方もいらっしゃるため)現在、Facebookでの参加をおすすめしております。

 

■オフ会

東京、名古屋、大阪で開催

 

上記の3つに相談を含めた4つのコンテンツからスタートしました。

ただ、これは最低限のコンテンツにすぎません。これら以外のコンテンツこそがメインのコンテンツになります。

そして、そのコンテンツは一緒に作り上げていきたいと思います。

例えば、事前にTwitter で募集して、集まったアイデアをご紹介すると

 

〇好きな人をデートに誘いたい。誘い方やお店や服装などアドバイスが欲しい

〇テラスハウスやバチェラーをメンバーと一緒にお酒飲みながら一緒に観たい

〇単純に友達が欲しい

〇私を結婚させてほしい。そのためならどんな意見も受け入れる。

〇独身証明持参の合コンを開催してほしい

〇駅から帰宅するまでの20分間、電話できる相手がほしい

〇不倫を辞めたいので毎日応援&プレッシャーをかけてほしい

〇一所懸命がんばったけど誰も褒めてもらえないことがあるので褒めてほしい

 

できること、できないことはありますが、僕が「これやるぞ!」って引っ張るよりも、こうやって集まった「これやりたい」をひとつひとつ形にしていければいいなと思います。

 

月額は3000円です。

オンラインサロンの相場としては普通ですが、3000円は決して安くない値段です。

新書だったら2冊買えて、CDだったら1枚買えて、本気出せば居酒屋で泥酔できる値段です。

でも、飲み会や女子会1回分より安い金額で、読まないのに買ってしまう本の値段で、買ったけど結局着ないままの洋服の値段で、ドラッグストアでついつい買ってしまう金額で、新しいコミュニティを手に入れましょう。 一所懸命、月額3000円以上の価値を提供できるように、あれこれ考えます。

最近、メディアに顔を出ししたり本名を出したのも、月額3000円もいただくのに、オーナーの僕が顔も名前も出さないのはよろしくないと判断したためです。  

 

自宅や、職場や、これまでの友達には言えなかったことを伝える場所。

懺悔の場所でもいい。

何かを発信しても、発信しなくてもいい。

何者かになろうとしてもいいし、何物にもならなくてもいい。

ゼロから作り上げる、新しいコミュニティ。 

性別も、年齢も、職業も、経歴も、フォロワー数も、意識の高さも、問いません。

 

「喫茶 クリームソーダ」でお待ちしております。

 

朝日新聞、A-port ウイのオンラインサロン

 https://a-port.asahi.com/salon/cream-soda/